今月になって 何度目だろう

眠むれずにいる夜は

あのひとの声 聞きたいのに

話す事はない



本当の気持ちが 恥ずかしくて

騒いで気を引くだけ

もう一人の私が言う

“こんなはずじゃないだろう”



あのひとから 見れば私は

年上の Dearest Friend

誰かの言う ダメな訳も

うなずけるけれど



気が付けば いつも どんな時も

あのひとで 溢れてる

心の中は また曇り空

いつの日にか 二人で…



あのひとから すれば私は

年上の Dearest Friend

一度だけの 甘いKissも

忘れたふりして



映画の中の恋のように

抱きしめ眠る夜を

もう少しだけ 夢に見ていよう

いつの日にか 二人で

 

 

ちょっと歌詞を変えたんだけど・・・

幾度となく訪れた眠れない夜。

該想個新藉口了~

哈波波 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()